2009年06月19日

膝の痛みとアロマについて

膝の痛みに関しての治療法で女性に、オススメなのが、アロマ療法も取り入れて行なっている、カイロプッラクティックです。
アロマテラピーは、1928年に、「芳香療法」といった言葉から生まれ、植物エネルギーを中心に日々の美容や健康に役立てる事をいい、膝の痛みにも良いと言われています。
膝の痛みの治療方法としては、オイルを使用しながらのマッサージが主な方法になりますが、自然のハーブや、果実が元になっていますから、肌の弱い人や相談によっては妊婦さんでも心配せずに治療を受けられます。

また、膝の痛み軽減が期待できる他にも、身体や精神的な、リラックス効果もあるのがアロマテラピーなので、女性に向いている治療法ともいえます。

膝の痛みや関節の痛みで、アロマ療法を取り入れているカイロプラクテックは、各地に多くあります。

調べる時は、ネット上で探したり、膝の痛みについて紹介しているHP等で検索すると良いです。
膝の痛みを軽くする為に、アロママッサージを自宅で実践している方も多くいます。
しかし、アロマは医学や医薬では決してないので、症状の軽減には個人差がありますし、アロマの精油の原液は、使用上で気をつけなければいけない点もあります。
使用方法を良く理解してから使用してください。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みの運動について


膝の痛みを適度な運動で,解消する事も出来ます。
膝が痛む時は、過激な運動は避けた方が良く、自宅やテレビを見ながらでもできる、簡単な運動や、ストレッチで筋肉を鍛える事が、大切です。

椅子に腰掛けている時に、背筋を伸ばし、片足ずつ上げる事も簡単な良い運動方法で、膝の痛みを軽くすることが出来ます。

膝の痛みをカバーするには、足の内側・外側や関節周りの筋肉を鍛えるのが、良い方法とされています。

また、膝の痛みが常時感じない方は足の間に中くらいのボールを挟み足を上げる事も、普段使わない内側の筋肉を鍛える意味でも効果的です。
膝の痛みは、足にトラブルがある場合と腰周りの関節が歪んでいる場合とがありますから無理なく行なわなければいけません。
膝の痛みは、無理をすると、悪化する可能性もあり腰痛の原因にもなります。
ウォーキングや簡単なストレッチを、行なうだけでも痛む人は、入浴をしながらのマッサージや、湿布を使用しての生活を心がけて様子を見ます。
膝の痛みを感じながら腫れがある場合は、整形外科に行く必要があり個人の判断でサポーターや湿布をしてはいけません。
足が腫れていない膝の痛みを感じる時は、ベットに寝たり椅子に座ったり、と
足に負担をかけない様な生活を送ると良いです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みとサポーターについて

膝の痛みが強い人は、サポーターや杖を上手く使用しましょう。
サポーターには大きく分けて二つのタイプがあり、固定されるサポーターと、保温するタイプのサポーターがあり、膝の痛みの具合によって使い分けられます。

軽い運動をする時や外出時には、固定できるサポーターを、使用した方が階段や歩行時でも膝に痛みを強く感じる事はありません。
そして、固定されているサポーターでも、自分のスタイルにあった調整が出来る物がありますから、膝に痛みを感じサポーターを、使用する時は一度専門医に相談してみると良いでしょう。
家にいる時や、勤務場所等で、使用できる保温タイプのサポーターは、膝の痛みを、軽減させる為に毛糸素材の糸で編んである商品が多く、これからの暑い季節に、冷えている室内で使用すると効果あります。
固定式のサポーターや保温サポーターは、膝の痛みによって整形外科医から処方を受ける事も可能です。

膝の痛みを強く感じている時は、理学療法士または整形外科の先生と相談しながら、サポーターを選ぶ事も出来ます。
しかし、膝が痛むからといって、サポーター生活を続けていると、足回りの筋肉も衰えていってしまうので、サポーターをしないで、適度な運動を行なう事も大切です。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みの緩和方法について

posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みに効く湿布について

膝の痛みに良い湿布は冷却・保温効果のある物と、体外から薬を内部に浸透させる湿布があります。膝の痛みと一緒に腫れが酷い様なら、冷却湿布を貼る事で、症状が、すぐに緩和されますが効果に持続性は期待できません。

また、冷房で部屋が冷え切っている状態で、膝に痛みを感じた時は、保温湿布を貼ると関節回りの筋肉を和らげ機能が回復します。

冷却・保温湿布の、どちらを貼ったら良いかは、膝の痛みの程度や痛感が、どの様な症状から来ているものなのかでも異なってきます。
専門医のアドバイスを聞いてから、使い分けるようにしましょう。
また、体外から薬を浸透させる湿布は、外用薬として、処方される事もありますが、膝の痛みを感じる場所によっては湿布を貼るのが難しい箇所もあります。

そのような時は、膝の痛みを和らげる塗り薬を、皮膚の上から塗ってサポーターでカバーすると歩行時等の時でもしっかりと保護されます。
膝の痛みを軽減させるのに、湿布を貼る場合は、肌が弱い方はかぶれる恐れもあるので十分に様子を見ながら湿布・外用薬・サポーターを交互に使用するとよいでしょう。

また、膝の痛みに効く内服薬もありますから、日常生活に支障が出たりする事が無く、アレルギー等の問題もない場合は、内服薬も一緒に摂取すると、効果は上がります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝痛には注意

膝の痛みを感じた時は無理をせずに診察に行く事が重要です。
膝の痛みを生じる原因は、様々ですが、変形性膝関節症の場合は、急激な痛感を感じる事はなく、時間をかけて進行していくので、痛む感じが軽い時は、診察をしに病院に行かない人が殆どの様です。

しかし、膝の痛みが増してからや、明らかに目で分る様に変形してしまってから、病院に行くのでは遅く、症状が悪化しすぎているケースでは手術にもなりかねません。
膝の痛みを目覚めて動き出す時に感じたり、長時間の正座の格好から立ち上がろうとした時に違和感を感じたら気をつけなければいけません。
そして、膝の痛みが徐々に強くなってきていると感じた時は、骨棘(こっきょく)が、骨の瑞に出来てしまっていたり、関節軟骨が剥がれ落ちてしまっているケースも疑えます。
その様な場合は、膝の痛みも強く感じ曲げ伸ばし等の動作が殆ど出来ない状態になってしまいます。
膝の痛みは、体重増加や体質・怪我でも起こりますが普通に生活をしていてもトラブルが生じる時もあります。

軽度の膝の痛みの時はサポーターや、杖を使用して足に掛かる負担を軽くすると良いですし、多少の運動も、取り入れていくと関節回りの筋肉を強化できます。

膝の痛みを感じて足をカバーする生活を続けていると、筋肉や骨自体を細くしてしまう結果に、なってしまいます。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みに効くマッサージについて

posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みは、何処から来るのかについて

膝の痛みは、外科的なトラブルからなる,
痛感と体内の血液・水分の悪循環の流れから来る痛感があると言われています。
怪我や交通事故等で損傷を負った場合はすぐに整形外科の治療が必要ですが、膝の痛みが自覚症状程度の軽い痛感の時は、整形外科ではなく漢方を専門としている中医師の診察を受けると良いです。
中医師とは、中国医学の先生で、膝の痛みや体内のトラブルを漢方の力で改善しようと診察してくれます。
膝の痛みが、個人個人の体質からきている場合は、良いと言われている薬を飲んでも、その人に合っているかは分りません。
しかし、膝の痛みが、体内の冷えや筋肉の緊張・水が溜りやすい体質・吸収力の低下等の場合は、漢方の力は体内で多いに働きます。

実際に、膝の痛みを漢方で軽減させたといった方も多くいます。
膝の痛みが変形などからではない場合、慢性的な痛感を自覚症状で感じている方は、専門の医師に相談してみる事をお薦めします。
漢方でも必ず完治するといった事ではなく、膝の痛みには個人の差がありますから、自分の体質を理解した上で治療を進めていくと時間はかかっても痛感は取り除かれます。
自分の膝の痛みが何処から来ているものなのかは、自分では分りませんが、少しの改善でだいぶ症状が軽くなるケースが多くあるのです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みの病院について

膝の痛みが生じた時に通院する病院は症状によっても異なります。
膝の痛みが何かの、動作の時だけに感じる場合は、関節にトラブルを抱えているケースと、腰痛等の関節の歪みから、来ているケースがありますので、整骨院での診察を受けると良いのではないでしょうか。
その他に、膝の痛み・腫れ・水が溜っている感じがする場合は、整形外科での診察を早く受けるようにする事を、オススメします。
膝の痛みが、強く水が溜っている場合は、水を抜かなければいけない時もありますし、それ以外の、問題が生じている時は
手術をする事にもなります。
水が溜っている時、膝の痛みを抱えながらも、癖になってしまうのではと、水を抜く事をためらっている方も多くいるようですが、そのままの状態に、しておく事は良くはないので、整形外科の先生とよく相談した上で治療方法を考えなければいけません。

そして、交通事故や怪我で手術をした後に膝の痛みを感じる方は、カイロプラクティックや鍼灸院に通院してみると痛感が減少されます。
膝の痛みは、血液循環の悪化からも起こりやすくなります。
ですから、整形外科で傷が完治した後も、膝に痛みを感じるケースも多いので、その様な場合は、整体や鍼灸院に通院しながら体内の新陳代謝が良くなる様に、生活スタイルも変えていく事が望ましいです。

膝の痛みの原因は様々で、人によって症状も異なりますから自分に合った治療法を探す事が症状軽減に繋がります。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み

膝の痛みから、来る症状

膝に痛みを感じて歩行の先に足に気を使いバランスの悪い歩き方をしていると、腰痛になる場合があります。膝の痛みは、足の関節に水が溜ってしまったり、骨同士が擦れてぶつかる事から感じます。

歩行時や立ち上がる動作,座る動作,階段の上り下りで、膝の痛みを強く感じるのは関節のクッションの役割が果たせていないからです。
その為に、足を庇おうとして、無理な体勢や偏った重心での動きになってしまい、膝の痛み以外でも身体の各所の関節がトラブルを生じやすくなります。

また、膝の痛みを感じる前に、腰痛がひどい方も同じで、腰を庇おうとする生活習慣では後に足に負担が掛かる事になります。
関節等にトラブルが生じた場合はすぐに専門の病院や整骨院等に診察をしに行く事が大切です。
現在では、膝に痛みを生じている場合、薬療法の他にもマッサージや針・お灸・サプリメントでの対処法もあります。
特に、トラック仕事や車の運転を中心にしている方には薬療法は難しくなるでしょうが、膝の痛みを我慢する事は出来ない事ですし我慢をしては良くないので、針治療やお灸・マッサージ療法を受ける事をお勧めします。
膝の痛みで診察を受ける場合は、自分の生活環境の事も専門医に伝えると良いです。
posted by (屁)理屈オヤジ at 01:16| 膝の痛み